歯並びを改善させる方法にも種類がある

歯の治療

歯並びが良くないことで起こる問題は多く、これで悩んでいる人も少なくありません。歯並びが悪ければ噛み合わせも悪く、食べた物をうまく消化できなくなってしまうことから健康面にも悪影響が出てしまいます。特に出っ歯には多くのデメリットを挙げることができるのです。見た目にも問題があるこの出っ歯は、もちろん健康面でもマイナス点が多々あります。こうした出っ歯を治す方法として歯列矯正がありますが、この矯正にもいくつかの種類があるのです。一般的なものはワイヤーを付ける昔からの方法になります。この方法ではどうしても矯正の装置が見えてしまうこともありますが、最近では歯の裏側に装置を付ける方法や歯の色に近い白い装置を使う方法なども多くの人から選ばれているのです。また、マウスピースを使った矯正も注目されています。

歯並びを治すにはまず専門医に相談すること

先にも少し触れましたが、出っ歯など歯並びが悪いとさまざまな点でマイナスとなってしまいます。美容面はもちろんのこと、健康面でも良いことは一つもありません。たとえば、磨き残しが多くなって虫歯や歯周病に発展してしまったり、口臭が起こりやすくなったりします。噛み合わせも悪くなるため食べた物を消化することができなくなったり、顎関節に負担がかかって顎関節症になることも大いに考えられるのです。こうした出っ歯を始めとした歯並びを治すためには歯列矯正を行うといいでしょう。この歯列矯正にはいくつかの種類があります。自分の出っ歯の症状や体質などを考慮して、専門医に相談して決めることがおすすめです。

マウスピースを使えば目立たない治療が可能

出っ歯などの歯並びを矯正することはとても重要なことですが、この歯列矯正の方法に使われるワイヤーなどの装置は見た目にもあまり良いものではありません。口を開いたときにはどうしてもあの銀色の装置がむき出しになってしまうからです。こうした見た目のデメリットから歯列矯正を諦めてしまう人も少なくないでしょう。しかし、今ではさまざまな方法があり、歯列矯正は気軽にできるものとなっています。歯並びを治す方法として、今、多くの人に注目されているのがマウスピースによる治療方法です。この治療方法では見た目がクリアなのでワイヤーなどを使った治療方法よりも目立ちません。特に出っ歯などの前歯の歯並びを治すときには最適だと言えるでしょう。マウスピースは見た目は完全に普通の歯に見えますので、人と話をしているときも笑ったときも目立たないのです。このマウスピース治療の中には寝ている間だけの装着で効果が得られるものもあります。

広告募集中