負担は少なくメリットは大きく

歯科医

オールオン4は歯をすべて失った場合に行う治療方法です。従来であれば片顎あたり10本ほどのインプラントを埋め込む必要があり、身体への負担などが問題点でした。しかしながら、オールオン4では片顎当たり4本のインプラントを使用することで固定することが可能です。単純に埋め込むインプラントの本数が少ないので治療にかかる費用を抑えることができます。また、顎の骨にしっかりと固定することができるので、天然の歯と同等の咀嚼力を維持することができ、食事などにおいてストレスを感じることがありません。

角度をつけて埋め込む

オールオン4の特徴はその少ないインプラント数での確実な固定です。インプラントを埋め込む際に角度をつけて埋め込みます。角度をつけることによって、顎の骨との接触面積を増やすことができ、結果として強い力で結合することができます。従来のインプラント治療では顎の骨の量も治療において重要な要素です。顎の骨が少なければ骨造成の治療が別に必要でした。しかしながら、オールオン4であれば角度をつけて埋め込むことで確実な支持を得られるので、歯が抜けて長期間経過し、骨吸収が進んでいるケースにおいても対応することができます。

広告募集中